メニュー

【クラクラ攻略】ネクロラッシュ?いいえスカルラッシュです。

以前はgowiwiなどのメジャー戦略を担っていたネクロマンサー。

TH10以降で全壊を狙うならネクロを混ぜたほうが良い、という時代もありました。

 

しかし最近のアプデで、ネクロマンサーが呼び出すスケルトンが巨大爆弾に反応しないというように
変更されてからというもの不当な産業廃棄物扱いを受けています。

実際に対戦で使用する人はかなり減っている印象ですね。

その代りポイズンの仕様が変わって、相手の防衛援軍はターゲットがいない時にポイズンを受けると逃げるようになりましたね。

また対戦の時間が短くなり(元に戻り)ちょっとポイズンを使う人が減った。

そのタイミングで、防衛援軍としてネクロがまた復活してきました。

まさに運営の神の見えざる手というやつでしょうか?

 

そんな時です。

今度は、新呪文の登場です。

 
sukall
 

スケルトン

戦場の好きな場所に、スケルトンの集団を出現させましょう!
いつでもどこでも必要な場所に、ちょっとした戦力を投入できます。
スケルトンはトラップを作動させません。

スケルトンの呼び出す数

  • lv1 6体
    lv2 7体
    lv3 8体
    lv4 9体
  • ということです。

     

    これを見て思いますよね。

    スケルトンの数少なっ!

    これで一体どうしろと…?

    破壊率を稼ぐ用と考えても、上がったところで1%~2%。

    そのために貴重な呪文枠を使うのはちょっと…

    と思いますよね。

    じゃあ、こうしましょう。

    混ぜましょう。

    何と?

    ネクロと。

    というわけで、ネクロマンサーとスケルトンの呪文の

    ネクロラッシュではなくスケルトンラッシュの紹介です。

     

     

    sukall2
     

    動画は、TH9、TH10、TH11と順番に攻撃しています。

    ちなみに編成は、

    ネクロマンサー 20体
    援軍ネクロマンサー 2体
    ヒーローカンスト 3体

    呪文
    スケルトン 11 

    援軍呪文 スケルトン1

    となっています。

     

     
    sukall3
     

    ネクロマンサーのスケルトン召喚数は、

    スケルトンの呼び出す数

    lv1 3体
    lv2 4体
    lv3 5体

    ですので、

    ネクロ本体から召喚する総数 22体×5体=110体   

    スケルトンの呪文 9体×11個=99体

    なので、スケルトン最大209体での攻撃となります。

    まずTH9相手は当然ですが全壊です。

     

    これはネクロが強いとか弱いとかではなくて、動画ですと、ヒーロー3体がカンストなので。

    ヘタするとババアチャでも全壊とるかもです。

    動画開始3:00あたりから、TH10を相手に攻撃します。

     
    sukall4
     

    壁ユニットがいないので、そのままネクロマンサーを使ってサイドカット。

    スケルトン呪文で行おうとしてましたが、弱すぎて無理でした。

     
    sukall5
     

     

    穴をあけるWBもジャンプの呪文もないので、
    流れないようにしてから、
    6時の方向から侵入を試みます。

     
    sukall6
     

    順調ですね。しっかりと破壊できています。

    そして中心に入れず回らされていても、大量のスケルトンがヒーローの壁になってくれています。

    そして…

     
    sukall7
     

    ここで3クイーンがTHを落とします。

    ネクロマンサーは基本的にあまり何も考えないで出すことができるので結構楽ですね。

     

    ヒーローが強いのもありますが、結果的に星2個取得。

    今回の出し方のコツってサイドカットしたことくらいだと思います。

    インフェルノ相手だと星を取るのが難しいというプレイヤーの方。

    試してみる価値あるかもですよ。

     
    frecha3

    >>過去記事一覧はこちら

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    記事一覧



    kouryaku1

    クリックお願いします!

    にほんブログ村 ゲームブログ クラッシュオブクランへ
    にほんブログ村
    クラクラ ブログランキングへ

    このページの先頭へ